koginbank

こぎん刺しの楽しい!かわいい!を発信 こぎんマガジン

NHKカルチャー青山教室【提携】こぎん刺し

こぎん刺しは、日本の北部、津軽地方の農民の知恵から生まれ、当時貴重だった布の補強手段として衣服に施された幾何学模様の刺繍です。
横糸に沿って縦糸を数えて拾ってゆき、布一面に刺すことで模様を作ります。
雪国の厳しい寒さに耐えるため藍染めの麻の布目を白糸で刺して耐久性と保温性を高めたのが始まりで、次第にさまざまな模様刺しが出来、実用性の上に装飾性が加わって仕事着と同時に祭りの晴れ着にも使われるようになりました。
伝統的な文様は洗練されモダン。現代の暮らしにも合い、ポーチやバッグなど様々な作品作りを楽しむことができます。講師教室で行ないます。
【会場】こぎん刺し木曜会人形町教室

開催期間:4/5〜6/21

曜日・日時:第1・3・5木曜 10:00〜12:00

回 数:6回

途中受講できます

詳細・申し込みはこちら :https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_779841.html.

本記事の公開終了日: 2018年6月21日

講師から探す

こぎん刺し教室の最新記事一覧

こぎん情報募集中!!

koginbankでは、こぎん刺しのイベント・教室・グッズ・モドコなどの情報を随時募集しています。
多くの方に参加して頂くことで、こぎん刺しの世界を広げていく役割を果たしていきたいと考えています。

下記のメールアドレスまでご連絡お願いします。