koginbank

こぎん刺しの楽しい!かわいい!を発信 こぎんマガジン

こぎんの学校2018 弘前で開催

2018.06.30


2018年8月、こぎん刺しのふるさと、青森県弘前市で1日限りのこぎんの学校が開催されます。

春に私たちは弘前市で開催されたこぎんフェスに参加し、こぎん刺しが思いの外、地元の人の身近な存在であることに驚きました。どんな思いから、地元でこぎんの学校の企画に至ったのでしょうか、主催者であるこぎん刺しの雑誌「そらとぶこぎん」の編集長・鈴木真枝さんに伺いました。

 

**********************

 

こぎん刺しは津軽の人にとって身近にあるようだけれども、その成り立ちや染織界における特異性を深く、とまではいかなくとも、知っている人はどれだけいるのかなと思っています。針と糸、布の3つがあれば、こぎんは刺すことができます。高機のような高価な道具や種々の材料、特別の技術は必要ありません。伝承ルールもありません。そして比較的短時間で作品が完成し、達成感も得られやすい。 だれの手にも簡単に届く手仕事(手芸)だからこそ、他の伝統工芸・民藝と比べて裾野が広くなったと思います。 一方で、古作こぎんのモドコからずいぶんと遠く離れた図柄もあり、それが「こぎん」だと紹介されたりもしています。 身近であるがゆえの功罪ではないでしょうか。もちろん、伝統は時代とともに変わるものだし、変わっていいと個人的には考えます。 でも、原点の古作に立ち返る謙虚さは失ってはならないんじゃないでしょうか。

こぎんとはなんなのか、刺し手の皆さんと一緒に考えていく機会を持ち、一人ひとりが日々の活動の中で伝えていくことができたらなと。「学校」とはまあ、堅苦しい名前を付けたもんだとわれながら思いますが、学校が刺し手さんの交流の場になればいいなとも願っています。

 

みて、きいて、刺して深める 『こぎんの学校 2018』

2018.8.27(月)

1時間目(受付9:30〜、10:00〜12:00)

2時間目(受付12:30〜、13:00〜15:00)

会場:.弘前市民会館 大会議室(弘前市下白銀町1-6)

☆1時間目☆

“幻のこぎん映画”『津軽こぎんー高橋寛子』上映会&高橋寛子さんの図案を刺すワークショップ

こぎん刺しの復興に尽力した高橋寛子さん(1925〜2015年)に迫ったドキュメンタリー映像(監督:伊勢真一氏、昭和53年、25分)を特別上映、映後、佐藤陽子こぎん展示館(弘前市)主宰の佐藤陽子さんを講師に、寛子さんの作品に見られる特徴的な図案を刺すワークショップを開催。

*ワークショップはこぎん刺しの経験者向けの内容となります。

*使用する布や糸等の材料は主催者側で用意いたします。

☆2時間目☆

山端家昌さんによる『古作こぎん研究会』in弘前vol.2

『kogin.net』を主宰するグラフィックデザイナー・山端家昌さん(おいらせ町出身、東京在住)とともに、こぎんの歴史を振り返りながら、明治期のこぎん刺し着物等を手に取って観賞。 会の最後に参加者みの皆さんの作品を観賞し合う時間も。よろしければ作品をお持ちください。

 

受講料・申し込みなど

■授業料:.1時間目のみ:2,000円、2時間目のみ:2,000円、1・2時間目とも受講:3,500円

*1・2時間目とも受講されるかたは昼食をご持参ください。(ゴミはお持ち帰りください。)

■定員:各時間 40名(先着順)

■主催:津軽工房社、そらとぶこぎんプロジェクト

■問合せ・申込み先:津軽工房社 メール :tugarukoubousya@yahoo.co.jp

メールにお名前、ご住所、電話番号、受講時間(1時間目、2時間目)をご記入の上、お送りください。返信メールにて振込先をご案内いたします。振り込み確認と同時に申込み完了とさせていただきます。 津軽工房社(弘前市元寺町52、TEL080-1675-3753)の店頭でも申込みを受付けます。

*振り込み手数料は負担をお願いします。

*当日のキャンセルは返金いたしかねますのでご了承ください。前日(8月26日)午前10時までのキャンセルは全額返金いたします。

*申し込みメールにご記載いただいた個人情報は、本イベント開催に関する業務にのみ利用させていただきます。

■交通アクセス

○列車でお越しの場合:JR奥羽線 弘前駅にて下車し、弘前駅前またはイトーヨーカドーバスターミナルから弘南バスに乗り15分、「市役所前公園入口」にて下車後徒歩5分

○車でお越しの場合 ●東北自動車道から大鰐弘前IC下り、国道7号線を北上。黒石バイパス交差点を左折し市内へ。 ●青森市方面から国道7号線から野田バイパスに入り直進。→弘前公園(弘前城)の誘導標識に従って外堀通りへ。公園南側、市役所前から次の信号を右折。

*市民会館に無料駐車場がございますが満車の場合は弘前市役所駐車場(最初の1時間のみ無料)等を利用ください。

本記事の公開終了日: 2018年8月27日

トピックスの最新記事一覧

こぎん情報募集中!!

koginbankでは、こぎん刺しのイベント・教室・グッズ・モドコなどの情報を随時募集しています。
多くの方に参加して頂くことで、こぎん刺しの世界を広げていく役割を果たしていきたいと考えています。

下記のメールアドレスまでご連絡お願いします。