koginbank

こぎん刺しの楽しい!かわいい!を発信 こぎんマガジン
koginbank

作り方

こぎん刺しのつくりかたを学ぼう

必要な材料・道具



刺し糸

こぎん糸として市販されているものもありますが、25番の刺繍糸を代用として使えます。また、毛糸やラメ糸の使用や、糸の撚りを解いて単糸を増減させて糸のボリュームや色調を調整して刺し糸にする場合もあります。

〜糸に関する記事〜

vol.5 こぎん刺しの糸を知る1

vol.7 こぎん刺しの糸を知る2

vol.8 糸を作る〜糸の仕様を考える〜

糸を作る〜藍染めを知る〜

糸を作る〜自分で糸を染める〜

糸を作る・おまけ編〜お手本を染める風景〜

平織りで、布目を拾える目の粗さの布であればどんな布にも刺せます。

コングレスという刺繍用の布がこぎんを刺す布としては容易に手に入りやすいです。コングレスの布密度は、1㎠あたり経糸7目x緯糸7目になりますが、伝統的なこぎん刺しは1㎠あたり経糸10本、緯糸7〜8本で構成される麻布が使われています。この場合、布目が縦長になるので模様が図案より少し縦長になります。完成イメージの違いに注意が必要です。

 

布目をスムーズに拾えるような針先の丸い針を使用します。

こぎん刺し専用の針は一般的な縫い針より長いので、手の小さい方や初めての方には使いづらいかもしれません。初めての方には、編み物の始末に使用する並太毛糸のとじ針がオススメです。太くて針先が尖っていないので、布目に引っかかることなくしっかり掬えるので、より正確に布目を拾って模様を作ることができます。

他にもスエーデン刺繍針、クロスステッチ用、四文針など、太さや長さが様々あるので、刺し方やご自身の刺しやすい長さで選ばれると良いでしょう。

 

指ぬき

長い針を使って運針方式で縫う場合は皿付き指ぬきを中指にはめて針を持つと、進める針を支えてくれるのでとても便利です。

使い方は下のように針を持つ手の中指に、お皿を手の平側にしてはめます。

針のお尻がお皿に当たるように針を持ちます。

お皿の部分で針を押しながら縫います。

 

実際に縫っているときは上のような感じです。

針のお尻が中指の目皿に当たり、親指と中指で針先を動かしていきます。

 

 

他にも、はさみ、印つけのチャコペンやものさし、製図用の方眼紙など適宜ご用意ください。





こぎん情報募集中!!

koginbankでは、こぎん刺しのイベント・教室・グッズ・モドコなどの情報を随時募集しています。
多くの方に参加して頂くことで、こぎん刺しの世界を広げていく役割を果たしていきたいと考えています。

下記のメールアドレスまでご連絡お願いします。