koginbank

こぎん刺しの楽しい!かわいい!を発信 こぎんマガジン

糸を作る・おまけ編〜お手本を染める風景〜

2019.01.11


前回、はじめてトライした糸染め。

職人さんはこんな風にお手本を作ってくれました。

上の三つ編みは、染め屋さんから上がってきた下染めを絣職人の葛西さんが編んでくれた状態です。

 

 

動画は三つ編みの方法を白い糸で説明してくれた様子です。

綛(輪の状態になった糸の束)の状態を崩すことなく、固く編まれています。

 

黄色い三つ編みは、再び染め屋さんにお願いして上染を行います。

 

上は緑色の染料に糸を投入した様子です。

先日の家庭用染料で染めた際はお湯に漬け込んで染めました。職人さんはグツグツ沸騰させているお湯の中で糸を染めるんですね。

 

 

染料液からあげて見るとこんな感じです。

すっかり緑色に染まりました。

 

下のフォルムがかわいいグリーンの釜は脱水機です。

よくよく見ると機械の中で緑に染まった三つ編みの糸が高速で回っています。見えますか?

 

 

ここでしっかり脱水機にかけたら、三つ編みを解いて干していきます。

下は脱水機から出てきた糸。今回お願いしたサンプルは、上染を緑・茶・朱の3色でお願いしました。上染は3色ですが、下染めは3色とも同じ黄色です。雰囲気がどう違ってくるのか楽しみです。

 

 

とても綺麗な3色で、見惚れてしまいます。

 

 

ちらっと三つ編みの中のぞいてみる。黄色がはっきり見えないのでちょっと心配です。

 

 

実際に解いて広げて見た姿がこちら。

 

美味しそうなチョコバナナカラー!

他の色はどうでしょう?

下は緑色と朱色を解いたところ。

 

 

抹茶カスタードとストロベリーカスタードというところでしょうか。

美味しそうシリーズの糸が出来上がりました。

 

 

朱色で試しに刺してみました。

色の変わり目がイレギュラーにやって来るので、ここだけ見ていると全体の出来栄えが想像し難いのですが、二つの色の濃淡でステッチが重なるので、刺し模様に奥行きを感じる仕上がりを作れそうです。

 

koginbankイベント出店のお知らせ

ハンドメイドマーケットプレイス「creema」が毎年開催している、ハンドメイドジャパンフェスに出店いたします。全国から多彩なジャンルのクリエイターが集まる中で、こぎん刺しの面白さを少しでも多くの人に知って楽しんでもらいたいと思います。

こぎんバンクオンラインストアで発売中のグッズの他、この美味しそうな色の糸や、昨年取り組んできた糸づくりの成果もお披露目しますので、ぜひkoginbankのブース(I-153)へお立ち寄りください。

開催日時:2019年 1月12日(土)・1月13日(日) 11:00~18:00

開催場所:東京ビッグサイト西1・2ホール

総ブース数:3,000ブース(2日合計)/koginbankブース№:I-153

入場料前売:1,200円 当日:1,500円

主 催:Creema

詳しくはオフィシャルサイトへ: https://hmj-fes.jp/

 

 

koginbank編集部 text・photo:石井、協力:葛西郁子






 


トピックスの最新記事一覧



 

こぎん情報募集中!!

koginbankでは、こぎん刺しのイベント・教室・グッズ・モドコなどの情報を随時募集しています。
多くの方に参加して頂くことで、こぎん刺しの世界を広げていく役割を果たしていきたいと考えています。

下記のメールアドレスまでご連絡お願いします。